分野別税理士ガイドの記事一覧 - 得意分野に特化した税理士in大阪

HOME » 分野別税理士ガイド

分野別税理士ガイド

会社設立は専門家に頼むのがおすすめ?

専門家

・誰がやるのがおすすめなのか?
会社設立をする際の書類作成や手続きは、全て自分で行う場合と税理士などの専門家に依頼する場合の2種類あります。
会社設立を税理士などの専門家に依頼するメリットは、何と言っても時間の節約で、それにより本来の業務に集中することができるのです。
一方の会社設立を自分で実施するメリットは、時間はかかるけど費用が抑えられることで費用の節約があります。

≫ 『会社設立は専門家に頼むのがおすすめ?』

会社設立に掛かる印紙代は?

税理士

・会社設立手続きの印紙代とは?
ここでは、会社設立の時に掛かる費用の「印紙代」について、説明したいと思います。
印紙代というのは、いわゆる収入印紙のことで、定款の認証をしてもらう時に必要になります。
一体いくら必要なのか?また、印紙代の節約の方法について詳しく説明します。

・印紙代が掛かる定款の認証とは?
定款の認証とは、定款を登録することをいいます。
定款は会社のルールを定めたもので、登録をすることで法的な効果を持つようになります。
この手続きをすることで、正式に会社の定款として認められるようになり、ルールを変更する時には、規定の手続きを踏んで行わなければならなくなります。
この定款の認証をする時に、公証人手数料と収入印紙代が掛かるようになっています。

・印紙代はいくら?
印紙代は4万円と決められています。
この他にも公証人手数料が5万円かかり、全部で9万円の費用を用意しておく必要があります。
ただし、この収入印紙代は、節約する方法があります。
それは電子定款を作成して登記をする方法です。
電子定款というのは、通常神書類で作成する定款をPDFデータで作成して、そちらを登録する方法になります。
4万円も費用を浮かせられますので、できれば電子定款で認証をしてもらった方がいいでしょう。

・電子定款の認証の方法
電子定款で定款登記を行いたい時は、完成した電子定款のデータを送ります。
法務局の登記オンライン申請システムから、申請用総合ソフトというものをダウンロードして、そちらを用いて公証人役場にデータを送信することになります。
これらの手続きは自宅や会社のパソコンでできることになっていますが、 後日公証人役場に足を運んで、電子定款のデータをCDで受け取る必要があります。
この時に、法務局に登記申請書などの提出することになりますので、すべての準備を整えておくようにしましょう。

・合同会社の定款登記に掛かる費用
株式会社と同じく合同会社を設立する場合でも、定款を作成する必要があります。
ただ、合同会社で設立する場合は、公証人役場での定款の認証が不要となっていますので、株式会社のように定款認証手数料約5万円と、収入印紙代4万円を全部節約することができます。
ちなみに合同会社とはどういう会社なのかと言うと、株式会社とは違い出資者と経営者が同一である会社のことを言います。
株式会社よりも設立手続きが簡単になっていて登録免許税も安いですので、初めて法人を設立する人は、合同会社から始めてみてもいいかもしれません。

会社設立で便利な税理士無料相談

税理士

会社設立において、やはり不安なことや心配なことも多いのではないでしょうか。
特に会社設立において不安や心配の種となるのが、税金などお金に関することです。
お金は会社を経営していくに当たってとても重要となるものであり、いわば生命線に直接関わるものだと言えるでしょう。
そのため、お金に関してはしっかりとした専門家のアドバイスやサポートが重要です。
事実、近年は会社設立時に専門家に相談する方が多く、必要なことは専門家に任せているというところも多くなっています。
それらの勉強をするよりも、一括して専門家に相談してしまった方が確実です。
何よりミスもなく、後々のトラブルや問題の回避にも繋がってくるでしょう。
そういう意味でも、会社設立の際には専門家を見つけておくことが必要となってきます。

その中でも、特に役立つ専門家と言えば、やはり税理士なのではないでしょうか。
税理士は税金などの相談の他、簿記や会計などお金に関することで、色々とアドバイスやサポートを受けられます。
実際に税理士は税金のプロなので、節税に関する対応もしてくれるでしょう。
そういう点を含めて、会社設立では税理士への相談が鍵となってきます。
まずは専門家への相談を含め、色々と質問してみてはいかがでしょうか。
ちなみに、近年の税理士は無料相談にも乗ってくれるので、とても助かります。
逆に言えば、無料相談に乗ってくれない専門家は、あまり使う意義もないかもしれません。
どのような専門家が良いのかについては判断が難しいですが、そこはしっかりと考えて利用していくことをおすすめします。

ちなみに、税理士の選び方としては、この無料相談が鍵となります。
無料相談では、色々と疑問になっていることを相談できるため、心配や不安も少し軽減することができるのではないでしょうか。
もちろん、その後も相談していきたいと思った場合は、税理士と契約して直接対応してもらうということもできるようになります。
お金のことは多くのトラブルや問題を引き起こすので、しっかりと考えて対応していくことが必要となってくるでしょう。
まずはじっくりと考えて対処するようにし、その上で会社設立も行っていくと良いです。
ただ、会社設立に関しては他にも司法書士や行政書士など、専門家の力が必要です。
それらも合わせて考えていくことが必要となるため、色々と準備が必要となります。
無料相談は、そういう専門家の1つの判断材料として活用しましょう。

専門分野に特化した税理士を探すin名古屋

税理士01

企業と密接な関係にある専門家に税理士の存在があげられますが、これから会社設立するならできるだけ専門分野に特化した税理士を探すことをおすすめします。
まず税理士とはどのようなことをメインにやってくれるかと言うと、その名の通り税務が中心で、法人の場合は法人税や消費税、所得税といった基本的な税金に関するアドバイスや書類作成などをこなしてくれます。

また確定申告や年末調整なども社員全員分まとめてやってくれるので、顧問契約しておくと会社の負担も少なくなりますから、基本的にほとんどのところが税理士と顧問契約をしています。
これは税理士のスタンダードな仕事なのですが、今そこにプラスアルファで専門分野に特化した税理士が求められているのです。

と言うのも税理士が必要になるのは会社設立後になることがほとんどで、会社設立手続きの段階ではあまりやることがありません。
しかし会社設立に関する知識を持っていたり、そこに携われる資格を持っている税理士であれば会社設立手続きから力になってくれますので、その流れで会社設立後も付き合っていけるためより良い関係を築きやすくなります。

一般的に会社設立手続きは司法書士や行政書士の力を借りることが多いのですが、税理士とは別で依頼しているとその分コストもかかってしまいます。
しかし専門分野に特化した税理士に依頼すれば司法書士や行政書士を別で依頼するよりも安くなるケースがほとんどなのです。

さらに運送業や不動産業、派遣業などより専門性の高い会社を設立するのであれば、その分相談したいことも増えていくと思いますので、そういった会社で顧問契約をした経験がある税理士を探したほうがいいでしょう。
税理士にも得意分野があって、企業の税務をメインにする人もいれば遺産相続をメインにする人もいます。

加えて企業の税務をする人の中でもどのような業種の企業を経験しているかによって、知識は異なりますから、税理士に依頼するときには過去にどのような業種の企業で顧問を務めていたか確認するといいかもしれません。
最近ではホームページを持っている会計事務所がほとんどですから、まずはどういった税理士を求めているのか問い合わせてみるといいでしょう。

たとえば運送業をはじめたいのであれば、過去に運送業の顧問税理士経験者が良いと思いますし、不動産業なら不動産業の顧問税理士を経験している人と話してみてその後どうするか決めてください。

会社設立・起業で税理士支援活用

税理士

会社設立や起業において重要となってくるのが税理士支援です。
会社や企業、個人事業主、フリーランスと近年その形態はより一層複雑化していますが、日本でお金を稼ぐ以上絶対に必要となってくるのが税金です。
つまり、どんな人でもお金を稼ぐ時には税金が発生します。
それに対応していくことが、この社会で上手に立ち回る手段とも言えるでしょう。

しかし、素人の方がいきなり会社設立や起業をして、税金対策や節税をおこなっていくことができるのかと言えば、それは難しいとも言えます。
だからこそ、まずは税理士に相談してみることをおすすめしたいです。
ちなみに、税理士であれば会社設立や起業に必要な手続きを代行してくれます。
その他会社の登記などに関しては司法書士や行政書士、社労士などにも相談することができます。
それぞれ専門分野に特化しているので、頼りになる味方は事前に見つけておくことがおすすめです。

特に税理士に関しては、重要となるでしょう。
税理士が支援してくれることに関しては、税金全般と言えます。
税金を確定させる確定申告や決算はもちろん、その他にも税金のことについてサポートしてくれます。
特に大きな効果を発揮するのが節税や税金対策です。

これらに関しては、国が取れるところから搾取していくので、しっかり対策しないと無駄に税金を支払ってしまうことになります。
もちろん、お金は日本や世界に流通するものなので、税金を支払うことも義務となります。
しかし、節税や税金対策をしていないと、取られるだけ取られてしまうものにもなり得るのです。
そこは税理士の支援を受けて、しっかりと対応するようにした方が良いでしょう。
もちろん、当然のように税理士は税金に対する知識も豊富なので、何か税金に関することで困った時にも相談できます。

会社設立や起業に関しては、その後が重要となります。
当然ですが事業を続けていけば、お金を稼ぐことになり、結果的に税金も支払うことになるのです。
そのため、しっかりと節税して税金対策も進めていくことが必要となってくるでしょう。
そこはちゃんとしておかないと大変なことになるので、しっかりと考えておくことをおすすめします。
基本的には、それだけで十分に対応していくこともできます。
まずは税理士などの専門家の力を活用して、より支援を受けてみてください。
そうすれば、安定した経営を続けていくことにも繋がっていくのではないでしょうか。

個人事業主を専門とする大阪の税理士

税理士は地元の税理士に依頼するほうがスムーズです。
仙台に住んでいるなら仙台の税理士、東京なら東京の税理士、大阪ならもちろん大阪の税理士のほうが何かと便利です。
大阪には個人事業主を専門とする税理士もいますが、具体的にどんなことに対応できるんでしょうか?
これを専門とする方たちがよく対応できるのは、記帳代理や確定申告の代理です。
これらが実際によく求められる依頼だからです。
≫ 『個人事業主を専門とする大阪の税理士』

医療を専門にした大阪の税理士

大阪には医療を専門にした税理士もいますが、どんなことに対応できるんでしょうか?
基本的に対応できるのは、医療分野での適切な会計処理です。
適切な会計処理とは、何にいくらお金を使ったのか、きちんと記録すること。
そしてその記録のつけ方にポイントがあります。
≫ 『医療を専門にした大阪の税理士』