相続を専門とする大阪の税理士 - 得意分野に特化した税理士in大阪

HOME » 分野別税理士ガイド » 相続を専門とする大阪の税理士

相続を専門とする大阪の税理士

大阪にはたくさんの税理士がいますから、中には相続を専門とする税理士もいます。
この方たちはどんな仕事に対応できるのでしょうか?
これを専門とする以上、まず対応できるのは相続税の計算と申告です。

相続税の計算方法は税金の中でもやや特殊です。
まずは相続財産を正確にカウントし、現金にしていくらなのかを計算します。
その総額から各種の控除金額を引いていき、最終的な課税金額を計算します。
税額がはっきりしたら、必要な申告書類を作って提出という流れです。
基本的な流れを見ると個人でもできそうですが、これの申告は税理士に依頼されることがほとんどです。
これに確実に対応できるのが、相続税を専門とする税理士です。

まずは相続財産をきちんとカウントしてくれます。
不動産や株式のような資産を現金に直すといくらなのか、税理士の方で正確に判断してくれることもありますし、できない場合はほかの専門家を紹介してくれることもあります。
これらサポートで相続財産を正確にカウントし、税額を計算してくれますよ。

その後の申告書類の作成も確実です。
相続税の申告書類は合計して10枚以上あり、その中で必要な書類を選び、それぞれ作成する形になります。
ここも個人では対応が難しいところですが、専門の税理士なら対応できます。

このような相続税のほか、準確定申告に対応できることも多いですね。
準確定申告とは、故人が亡くなった年の1月1日から命日までの間、故人が得ていた収入にかかる所得税の申告です。
所得税の申告は、本来なら所得を得ていた本人がやらないといけませんが、その方が亡くなった場合は、自分ではもう申告できませんよね。
そのため故人が得ていた最後の所得にかかる税金は、相続人が代理で申告します。
これを準確定申告といいます。
これも相続に合わせて必要になる税務ですから、相続を専門とする税理士ならこちらにも対応できる方がほとんどです。
このような仕事を頼みたいなら、大阪にいる税理士の中でも相続を専門とする方を選ぶといいですよ。